あまりに美しいプロ―ポーズシーンに泣けてきます